About

​NOMU UTSUWA-TOについて

こだわりの手しごとを楽しく届ける。

ちょっと嬉しい気持ちをデザインする。

日々の暮らしの中で、毎日1回は使う“器”。量産をされていて機能的でカワイイものも沢山ありますが、器づくりをしている作家さんや職人さんの手から生み出される“手しごとの器”を使うと、日々の暮らしを“ちょっとだけ豊かな気持ち”にしてくれます。

 

日本には伝統産業として“手しごとの器”づくりが盛んな地域が沢山あり、その地域毎に豊かな自然と文化と共に育んできた伝統と技術とモノガタリからなる陶磁器・硝子器・漆器・木器・金属器など産地毎の特徴に合わせた素材で作られ継承されています。

 

そんな器へのこだわりと愛情を強く持つ地域ですが、中に入れる飲みモノや食べモノへのこだわりはあまり強くありません。逆に、飲みモノや食べモノへのこだわりと愛情を持つ地域は、器へのこだわりはあまり強くありません。

 

そこで、産業が異なる地域毎のこだわりを繋げる共通言語を見つけて、こだわりとこだわりによって新しい価値とファンの発見や伝統と未来を繋ぎ地域を盛り上げていきたいとの想いから「NOMU UTSUWA-TO PROJECT」が生まれました。

 

窯元から生まれる手しごとの魅力、他産業から生まれる手しごとの魅力、それぞれのモノを掛け合わせて、丁寧に日本の手しごとを届けていきます。

L1001821のコピー.jpg

日本の手しごとの伝統と未来を繋ぐ

NOMU UTSUWA-TO PROJECT